06-6264-1573

大阪府大阪市中央区久太郎町1丁目6-11 西野金陵ビル西館2F

堺筋本町駅近くの歯医者|一般歯科 小児歯科 定期健診 予防歯科 口腔外科 審美歯科 歯周病 入れ歯・義歯 ホワイトニング 顎関節症

審美・ホワイトニング

着色・煙草のヤニもスッキリ!

煙草を吸う方はもちろん、コーヒーや紅茶、ワインなどをよく飲む方にも色素が沈着します。普段からよほど念入りに歯磨きしていないと、着色汚れ=ステインが歯の表面に着いてしまいます。ヤニ取り専用の歯磨き粉で磨いているだけでは、なかなかきれいに落とすが難しいステインですが、当医院では特別なクリーニングの機械を使うことによって、比較的簡単にスティンを落とすことができます。

ジェット噴射によるステイン(着色)除去(エアフロー機能)

水と微粉末を空気で勢いよく噴射しながら、歯の表面にこびり付いた着色(ステイン)を落としていきます。

パウダーは炭酸水素ナトリウムでレモンフレーバーです。喫煙による歯のヤニ、ワインやコーヒーなどの嗜好品による日ごろの着色でお悩みの方はご相談ください。

片顎 ¥3,000(税抜)
上下顎 ¥5,000(税抜)

禁忌

①重篤な消化器官潰瘍のある患者
②腎臓障害のある患者
③心機能障害、肺機能障害のある患者
④慢性の気管支炎、喘息、その他の呼吸器疾患のある患者
⑤次の患者にはエアフローパウダー(レモン味)を使用しないこと。
・ナトリウム摂取制限を必要とする患者(高ナトリウム血症・浮腫・妊娠中毒症等)
・低クロル性アルカローシス等の電解質失調等のある患者
⑥口腔内に傷や異常の認められる患者
⑦口腔内に充血、出血、炎症が認められる患者
⑧口腔粘膜が炎症、ただれを起こしやすい患者

ホワイトニング

近年、歯のホワイトニング人気が加熱してきています。女性のみならず男性にとっても「歯の白さ」は憧れの象徴となってきています。
当院では、歯医者でおこなうオフィスホワイトニングと自宅でおこなうホームホワイトニングがあります。
そして、歯医者さんで行う「オフィスホワイトニング」と自宅で行える「ホームホワイトニング」の最大の差は「時間」にあります。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングはホワイトニング剤と特殊な光(青色LEDなど)を使用し、短時間で効果的に歯を白くすることが可能です。

歯科医院でしか用意できない光・薬剤・技術などを使用し、短時間で歯を白くすることが出来るのがオフィスホワイトニングの特徴です。

■メリット

・歯を削らずに歯を白くすることができる・回数によって白さの調整ができるので自然な白さにできる
・短時間、短期間で高い効果が得られる                                            
・歯科医院でやってもらえるので楽である
・使用上の注意点を守れば安全に使用できる

 

オフィスホワイトニング費用
片顎  ¥10,000(税抜)
上下顎 ¥18,000(税抜)

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、患者さん自身がご自宅でご行っていただく方法です。 まず、ご自身の歯列にあった専用のマウスピースをお作りいたします。その後このマウスピースとホワイトニングジェルのセットを持ち帰っていただき、指導内容に従ってマウスピースにホワイトニングジェルを入れ、1日2時間から4時間程度、ご自分の歯列にはめて施術していただきます。

ホームホワイトニングは患者様にご自宅で行っていただく施術であるため、当院では、安全性に配慮し、日本の厚生労働省によって認可されている製品を使用した「ティオン ホーム」を採用しています。

メリット

・低濃度の薬剤を使用するため、痛みが少ない
・透明感のある自然な白さを得ることができる
・ご自身のペースでホワイトニングができる
・後戻り(リバウンド)が少ない
・比較的安価である

施術の流れ

当医よりホワイトニングについての注意事項の説明を聞きます。
まずは歯の検診をして、ホワイトニングの前処理として歯石除去と清掃を行います。
ホワイトニングする前の歯の色調を記録します。
口腔内撮影用カメラなどを使い、ホワイトニング前の状態を記録します。
患者さん自身の歯型をとり、マウスピースを作製します。できあがったマウスピースを歯にはめて微調整をします。
自宅で行う使用方法の説明を受けます。実際にマウスピースにホワイトニングジェルを注入し装着します。
説明を受けた手順どおり自宅でホワイトニングを使用します。
期間は個人差がありますので、担当医の指示に従って下さい。

ホームホワイトニング費用
(マウスピース代込み)\10,000(税抜)
ホームホワイトニング剤
(4本入り) \3,000(税抜)

ホワイトニング注意事項

ホワイトニング前の注意点

ホワイトニングの効果には個人差があります。
ホワイトニング前は口腔内の診査を行う必要があります。虫歯や歯周病その他の理由でホワイトニングの施術が出来ない場合があるためです。
ホワイトニングは歯の表面から薬剤を作用させるので、歯の汚れの状態により効果に影響を及ぼします。施術する前には歯のクリーニングを行います。
治療中は知覚過敏などが起こる場合があります。これはホワイトニングの薬剤が、歯の象牙質やエナメル質の細かいヒビなどに染みることによるものです。一過性のもので、ホワイトニングが終了すればなくなります。
ホワイトニングとは、飲食や喫煙などで着色した歯を削らずに色素沈着を漂白し、歯そのものの色を薬剤で科学的に白く改善する治療です。

ホワイトニングを避けた方がいいケース

ホワイトニングは気軽に歯を白くできる治療となっておりますが、どのような歯にも施術が可能ということではありません。自分に合った方法を選択し、健康的で白く美しい歯を手に入れましょう。

無カタラーゼ症の方

薬剤に含まれる過酸化水素を分解する酵素を持っていないため禁忌です。

エナメル質形成不全・象牙質形成不全の方

歯の発達が十分でない場合、薬剤の影響で歯の神経である歯髄が痛みます。

虫歯や重度歯周病の方

患部に染みたり症状を悪化させる原因になります。治療を終えてからの施術になります。

内因性変色などのある方

乳幼児における病気、神経を抜いた歯、薬剤の副作用(テトラサイクリン系)、加齢による黄ばみには色調の変化が見られない場合があります。

妊娠中、授乳中の方

安全とは言え薬剤を用いる施術法ですので、妊娠中のホワイトニングは避けるべきとされています。

ホワイトニング後の食事について

歯の表面には、歯を守るペリクルという薄い皮膜の層があります。処置後、この皮膜が再生するまでの間、歯の退色を防ぐために24時間は濃い色の飲み物や食べ物を極力控えてください。喫煙も24時間の禁煙をお守りください。

ホワイトニング後、24時間は避けたい食べ物と使用するもの

コーヒー、紅茶、日本茶、赤ワイン、グレープジュース、焼きそば、カレーライス、チョコレート、色のついた野菜や果物、焼肉、焼き鳥、チリ、スパゲティー、色の濃い口紅
ホワイトニングにより白くなった歯は、一生維持出来るものではありません。クリニックで定期的なメイテナンスをすることにより持続時間も変わります。

※ホワイトニングのご予約、お問い合わせは、当院までお気軽にお電話ください。

メラニン除去

歯肉を健康的な歯茎に!
笑顔にも自信がつきます!!

歯ぐきの黒ずみ、これは日焼けと同じメラニン色素。そのメラニン色素を取り除けば歯ぐきは健康なピンク色を取り戻します。治療は患者さんに負担が少ないフェノール・アルコール法という方法が最適です。これは特殊な薬剤を歯ぐきに塗るだけで自然なピンク色の歯肉を取り戻すことが出来ます。
施術時間は約30分程で、施術から1~2週間でピンク色の歯ぐきに戻ります。

  • <治療前>

    漂白前の状態です。

  • <治療中>

    黒ずんでいた部分に薬品を塗り、メラニン色素を除去します。

  • <治療後>

    美しく健康な色の歯ぐきなりました。

  •  

メラニン除去をお受けになられた後は・・・

治療後、1~2週間は刺激物を避けてください。一時的にメラニン沈着部分は白くなりますが、2~3日して皮がはがれ落ち、その後1~2週間できれいな歯茎になります。その間辛いものや塩味の強いものがしみることがありますので注意してください。個人差によって後戻りする可能性はあります。特に喫煙者は再沈着する傾向があります。

片顎  ¥3,000(税抜)
上下顎 ¥5,000(税抜)

オルトサンプル オルトサンプル オルトサンプル オルトサンプルEPARK
pagetopへ戻る