06-6264-1573

大阪府大阪市中央区久太郎町1丁目6-11 西野金陵ビル西館2F

堺筋本町駅近くの歯医者|一般歯科 小児歯科 定期健診 予防歯科 口腔外科 審美歯科 歯周病 入れ歯・義歯 ホワイトニング 顎関節症

一般歯科

むし歯の始まり

  • 1.私たちの口の中には、ミュータンス菌などのむし歯を起こすむし歯菌がすんでいます。

  • 2.ミュータンス菌は、歯の表面にできる、ベリクルという膜にくっつきます。

  • 3.そして、私たちがご飯やお菓子を食べるとその中に含まれている砂糖をつかって、グリコカリックスというネバネバした物質をつくります。

  • 4.ミュータンス菌はグリコカリックスでお互いをくっつけあい、また他の菌もくっつけて、細菌のかたまりを作ります。これが、バイオフィルム(プラーク)です。バイオフィルムは細菌の住みかなのです。

  • 5.バイオフィルムはネバネバしているので、歯ブラシえブラッシングしないと取れません。歯みがきをさぼっていると、バイオフィルムはどんどん大きくなります。そして、バイオフィルムの中のむし歯菌は砂糖を餌として食べ、排泄物として酸をだします。この酸によって歯のミネナル成分が溶け出してしまうのです。これがむし歯の始まりです。


脱灰、再石灰化って?

  • 1.私たちの歯は、カルシウムやリンなどのミネラルでできています。そして、歯の表面を覆っている唾液やバイオフィルム(プラーク)の中にもカルシウムやリン、そしてフッ素が存在しています。

  • 2.私たちが食事をして、口の中に砂糖が入ってくると、バイオフィルムの中に住んでいるむし歯菌が、砂糖を餌にして食べ、排泄物として酸を出します。

  • 3.すると、この酸によって、歯のカルシウムやリンがバイオフィルムや唾液の中に溶け出してしまいます。これが脱灰です。

  • 4.歯のカルシウムやリンが溶け出して、バイオフィルムや唾液の中のミネナルが飽和状態になると、カルシウムやリンは再び歯に戻ります。これが再石灰化です。

  • 5.脱灰と再石灰化は、私たちがご飯やお菓子を食べるたびに繰り返し起こる、日常的な現象です。このとき、フッ素が歯のカルシウムやリンが脱灰するのを抑え、再石灰化するのをサポートする役割をしています。ですからむし歯を予防するには、フッ素を上手に応用することがポイントなのです。


できはじめのむし歯と穴のあいたむし歯

  • 1.バイオフィルムの中にむし歯菌が砂糖を餌にして作り出す酸によって、歯のカルシウムやリンが溶け出しますが、再石灰化の動きで普段は再び歯に戻ります。

  • 2.しかし、お菓子をだらだら食べたり、口の中を不潔にしておいたりすると、バイオフィルムの勢いが強くなり、酸が沢山でて、歯のカルシウムやリンがどんどん溶けてしまいます。

  • 3.いつもは歯に戻るカルシウムやリンも、バイオフィルムの勢いが強いと、溶け出す量が多くなり、なかなか戻ることができません。

  • 4.そして、ついに歯の表面のすぐ下の部分が、スカスカになってしまいます。これが、できはじめのむし歯です。

  • 5.できはじめのむし歯の時期は、まだ歯の表面が残っています。しかし、薄くもろくなっていますので、ほうっておくと崩れて穴があいてしまいます。

  • 6.穴があいてしまうと、もう元には戻りません。歯科医院で治療を受けるしかないのです。


できはじめのむし歯は治る!

  • 2.できはじめのむし歯を治すには、まず虫歯菌の餌になる砂糖をセーブすることです。お菓子をだらだら食べるのを止め、間食の回数が多くならないようにしましょう。砂糖をつかわないおやつを工夫したり、また、むし歯予防効果のあるキシリトールなど利用するのもよいでしょう。
    そして自分に合った歯みがきの方法を身につけ、毎日むし歯菌の住処であるバイオフィルムをきちんと取り除きます。さらに、カルシウムやリンが歯から溶け出すのを抑え、歯に戻るのをサポートするフッ素を応用することも大切です。

  • 1.まだ歯の表面がくずれていないできはじめのむし歯の時期ならば、歯が元通りになる可能性があります。

  • 3.こうして、カルシウムやリンがむし歯のでき始めの部分に戻っていき、また元通りの健康な歯を取り戻すことができるのです。

  •  

 

むし歯の症状と治療方法

進行段階 症状 治療方法
【C0:初期のむし歯】 むし歯の菌が出す酸によって、歯の表面のエナメル質がごくわずかに溶かされ、白濁した部分が現れます。痛みや自覚症状はありません。
適切なブラッシングフッ素塗布によって歯の再石灰化を促し、経過をおいます。特に歯を削るなどの治療は行いません。
【C1:エナメル質のむし歯】 エナメル質がさらに溶かされ、白濁した部位に穴ができたり、茶色や黒色に変色を起こします。また冷たいものでしみるといった症状が出てきます。

 


むし歯になっている部位を削り取り、レジン(歯科用のプラスチック)で補います。

【C2:象牙質のむし歯】 エナメル質の内側にある象牙質にまで達したむし歯です。冷たいものに加え、甘いものでもしみたり、痛みがあったりします。
むし歯になっている部位を削り取り、レジン(歯科用のプラスチック)やインレー(金属)で補います。
【C3:神経まで達したむし歯】 神経にまで達したむし歯です。神経が刺激され激しい痛みがあります。また温かいものでも痛みを感じます。
むし歯の菌に冒された神経を歯の中から取り除き歯の内部をきれいにする根管治療を行い、被せものを作っていきます。
【C4:末期のむし歯】 歯の上部がむし歯の菌により溶かされなくなっている状態。この状態になると神経が死ぬため一時的に痛みは引きますが、歯の根っこの先に膿がたまりだすと再び激しい痛みや腫れをに見まわれます。
この状態までいくと抜歯になるケースが多くなります。抜歯後には入れ歯やブリッジなどによって噛む機能を回復させます。

オルトサンプル オルトサンプル オルトサンプル オルトサンプルEPARK
pagetopへ戻る